トレーナーを対象とした記事をご紹介します。

トレーナーのための情報
パワーラックでバーベルを担いでスクワットをしている男性
正しい筋トレのやり方!プロおすすめ安全で効果的なトレーニング方法

筋トレって色々なやり方がありますが、トレーニングで無理して腰や肩を痛めた経験ありませんでしたか?もしかするとそれは間違ったやり方だったのかもしれません。 筋トレには科学的根拠に基づく正しいやり方があるんです。筋トレにおけ […]

続きを読む
トレーナーのための情報
トレーニングルームにあるウエイトベルトとバーベル
レジスタンストレーニングの基本テクニック解説!筋トレ前に覚えよう

筋トレは腕立て伏せや腹筋など器具を使わずに手軽にできるエクササイズもありますが、バーベルやダンベルなどを用いて負荷をかける場合はまず基本となるテクニックを身につける必要があります。 この基本テクニックを知らずに自己流でト […]

続きを読む
トレーナーのための情報
様々なデータをもとにアイデアを考える人
筋トレプログラムを作ってみよう!レジスタンストレーニングの原則

トレーニング指導をするうえでプログラムは最も重要なものになります。 なぜかというと、例えばパーソナルトレーニングを指導するお客様に対してエクササイズを完璧なテクニックで実施させることができたとしても、プログラムが適切でな […]

続きを読む
トレーナーのための情報
ダンベルが並んだラック
レジスタンストレーニングが健康に及ぼす効果を解説!筋トレは健康づくりに必須だった

健康づくりのための運動というとウォーキングやジョギングなどの有酸素性運動をイメージしますが、実は筋トレも重要なんです。 筋トレは正式にはレジスタンストレーニングと言います。レジスタンストレーニングは、健康な方のみならず心 […]

続きを読む
トレーナーのための情報
虹色の光がさしかかった手のひら
徒手抵抗を用いたレジスタンストレーニングのやり方

徒手抵抗とはその名の通り、素手で身体に負荷を加えることをいいます。 バーベルやダンベルなどの器具を全く必要としないため、トレーニングにおいて非常に有効な手段の一つですがテクニックが不十分だと効果が半減してしまいます。 ま […]

続きを読む
トレーナーのための情報
スポーツでのダイナミックな動き
重心始動が動体視力・反応時間・動的バランス・筋力・心理面に与える影響

2017年1月28日に開催されたNSCA第5回国際カンファレンスにて口頭発表したときの抄録をご紹介します。 演題「身体重心を意識し体幹筋群により重心位置をコントロールしながら重心から動き始めることが、動体視力・全身反応時 […]

続きを読む
エクササイズテクニック
ジムで腹筋台を使ってツイスティング・シットアップのエクササイズを実施している男性
お腹まわりに効果的なツイスティング・シットアップ(自重)の正しいやり方

ツイスティング・シットアップの効果 腹部と股関節の筋肉を鍛えることができます。 通常のシットアップに比べて内腹斜筋・外腹斜筋に刺激を加えやすくなります。 ツイスティング・シットアップのやり方 開始姿勢 ・膝を直角に曲げて […]

続きを読む
エクササイズテクニック
シットアップのエクササイズを実施している男性
お腹まわりに効果的なシットアップ(自重)の正しいやり方

シットアップの効果 腹部と股関節の筋肉を鍛えることができます。 シットアップのやり方 開始姿勢 ・膝を直角に曲げて両足を固定してシットアップベンチに仰向けになります。 ・両手は胸の前でクロスします。 動作 ・最初に頭を起 […]

続きを読む
エクササイズテクニック
ベントオーバーロウのエクササイズを実施している男性
背中に効果的なベントオーバーロウ(バーベル)の正しいやり方

ベントオーバーロウの効果 背中・肩後部の筋肉を鍛えることができます。 上半身の前傾姿勢を保持するため体幹の筋力も必要となります。 ベントオーバーロウのやり方 開始姿勢 ・肩幅よりやや広めの幅でバーベルを握ります。 ・足を […]

続きを読む
エクササイズテクニック
アップライトロウのエクササイズを実施している男性
肩まわりに効果的なアップライトロウ(バーベル)の正しいやり方

アップライトロウの効果 肩部の筋肉を鍛える種目です。 特に三角筋前部と中部を強化することができます。 アップライトロウのやり方 開始姿勢 ・足を腰幅から肩幅程度に開き膝をやや曲げた状態にします。 ・バーを肩幅よりやや広く […]

続きを読む